KUROE_chrome

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日発売の講談社ARIAに『K メモリー・オブ・レッド』の2話が掲載されました。
↓画像は十束
c4.gif

今回は結構ハードな内容です。
ノリにノって血をドバドバ描いて提出したら担当さんから「加減しろ!これ死んでっからよ!(意訳)」と血液量の直しを喰らいまくったという思い出が(ごめんなさい…)
冷静になります。


前回の記事の事情で現在我が家にcintiq様が滞在していて、3話ではじめて使ってみたのですが、あ、あー確かに速いかも!
線が思う場所にちゃんと入るのでスムーズな気が…!
私は手と頭の接続が弱いので板タブでやってると一本線引くのに5回は「戻る」キーを使ってたのでこれは…!革命かもしれない…!
しかし画力は…!変わらない!(分かってるけど正直淡い期待をしてました)
でもとてもストレスフリーなので仕上がり見てから改めて導入を検討してみます。


作業風景は3話の絵はまだ出せないので2話原稿で再現すると
↓こんな感じです
HI3F04640001.gif
白熱灯の照り返しでお肌が焼けてる気がします。 すごい…火照るよ…

スポンサーサイト

ちょっとブログが殺風景すぎるので画像を貼りに来ました。
c1.gif
↑の画像は1話ラストの作業風景です。
どんなストーリーかは本誌をご覧下さい。ARIAのHPでも予告カットが公開されていますので、よかったら→http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/01399


画材の将来性に賭けて漫画はオールデジタルで作っているのですが、wacomさんのタブレットレンタルサービスに応募してみたところ運良く当選してしまったので今月はcintiq様が我が家へ来ることになりました
3話は液タブ作画でお送りしてみる予定です。噂では漫画作画で液タブの威力半端ないらしいのでどんな感じになるか期待してます。ヤッター!(※画力は従来通りです

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。