KUROE_chrome

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習作 連載のキャラ

漫画のキャラ

制作意欲的なことで仕事外でも絵を描いたほうがいいなと思うできごとがあったので落書きを意識的にやっています

こうの史世先生原作の「この世界の片隅に」見に行きたいなー
こうの史世先生の作品で最初に読んだのは「長い道」だったんですが、女性キャラにすごい色気を感じました。自分の意見を言わぬ忍耐強い女性の頭の中を覗いてみたい。


追記
予告がありました。うおおお こうの先生の絵の色気が完全再現されてる…!すっごい!

スポンサーサイト

塗った

陽介

単行本作業に入る前に画力が20%くらい上がらねえかなあ~~みたいなことを毎日言っている私ですが、この間久しぶりに2014年に出した単行本読み返して自分で結構びっくりしました。すごい変わったなあ。読者さんの目から見てどうかは分かりませんが仕事ご一緒した方からはだいたい「すごい変わった」と言われるんで客観的にもそうなんだと思いたいんですが。
このペースを維持したいところですね。
自分的目安では2巻くらい前の原稿見てゲロが吐けると結構安心です。

ブログの背景4


主人公の習作



今月はコミックス作業とプロット作りのために連載は番外編です。久しぶりに時間があってちょっとバーンアウト気味だった…
時間があるうちにカラーの練習しなきゃ。色の塗り方すぐ忘れるし単行本のカラーが控えてる。

それにしても今 折角自分で話作って連載描いてるのにまだメイン周りに女の子のキャラクターがいません。ストーリーのバランスとか考えた結果今のところこんな形になっています。
ただ私、老若男女どんなキャラクターでも描くのはまんべんなく好きなのですが、ボディラインは一番妙齢の女の子が好きなのです。特に関節。柔らかい肌の下で骨が動く感じが最高。
女の子の脇とかすごい好きだったのにもう年単位で描いてない…なぜなのか。これが私の望んでいた未来だというのか。ああああ……


…男の脇でいいか(結論)

インフォついでに今の連載「極楽町デッドエンド」について

前にもブログに書いてたのですが、この連載のプロトタイプは2011年に新人賞用に制作した作品でした。
ネームを完成させたあたりでアニメのコミカライズのコンペに参加しないかと担当編集さんからお誘いがあり、そこから「K-メモリー・オブ・レッド-」の連載が決まったので結局応募作はネームのまま寝かせることになり、新人賞には応募しませんでした。
その応募作を2014年に読み切りで誌面に掲載して頂けることになってなんとか世に出すことができました。
その時はそれきりの予定だったので、まさか連載になるとは思っていませんでした。
ちなみに連載が実現できたのはほぼ100%読み切りの時のアンケートのおかげです。
送ってくださった皆様、本当にありがとうございました。

オリジナルで連載案を作り始めて気付いたのですが、原作付き作品と自分でプロットから
作った作品はかなり作り方が違うように感じています。ネームは勿論、作画についてもです。
最初はすっっごい戸惑いました。いまはやや慣れといった体でございます。
道は長いぜ…

p16_2016100103470841b.jpg
↑ちなみにこれは2014年の読み切りの時に描いた主人公キャラデザです。すごいチンピラっぽい顔という設定。
気を抜くとマイルドになってしまうので気張っていきたいと思います(目つきの悪さを)

大変ご無沙汰しております。
だいぶweb上でのインフォメーションをさぼっていることを最近担当編集さんにガチめに叱られたので、とりあえずブログの改装から始めました。
スマフォverとかガラケーverが手が回ってないので、今月中に時間をみて直しとこうと思います。
有り物の絵で背景に使えそうな絵が比水のカバー絵しかなかったんで、今新しい絵を用意しているところです。
私の環境だとフル画面にするとめちゃくちゃデカいので自分でも「おお!?」となりました。アップやばいな…



新連載については5話が掲載されました。インフォしてないけどこつこつとやっています
p20_20161001030132c17.jpg

自分では5か月経った感がまったくないんですが…ついこないだ始まったみたいな感覚です。オリジナルのほうが感覚的な時間の進みが早いのかな?
いま前回連載のグリーンとか見ると自分では絵が結構前だな…って感じるので今の連載で多少は進歩してると思いたい。
それだけ信じたい…
あとは色々試行錯誤しているペン入れがコミックスでいい感じに見えたらいいなーと思うんですが。
ちなみにコミックス12月発売予定です。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。